家庭用

ウォーターサーバーで光熱費の節約

冷たい水を飲みたい時には、冷蔵庫で冷やしたものを飲むのが普通ですし、お湯を使いたい時には、電気ポットやガスコンロにヤカンや鍋をかけて沸かします。
いずれにしましても冷蔵庫を開け閉めしてコップなどに注いだり、ヤカンなどに水を注いでからコンロにかけたりしてお湯を沸かすというような手間がかかります。
ウォーターサーバーを導入しますと、サーバーに冷温水を作る機能がついていますので、蛇口から直接コップなどに注ぐことができます。

これは、ほとんど手間がかかりませんので、使ってみますととても便利で手放せなくなります。
家庭でウォーターサーバーを使う時の光熱費は、電気代だけですが、これは、月に500円から1000円程度です。
これを一日あたりに直しますと、20円から30円です。

今の家庭用の電気料金は、(世界的にみますと2倍から3倍の)1kwh(1000Wの機器を1時間使った時のエネルギー量)あたり20円から30円(ちなみに工業用のでは1kwhあたり10円かそれ以下)ですから、ちょうど一日に1kwhの電気を使うと考えて良いでしょう。
これで、冷温水が24時間使えますので、安いと言えば安いのではないでしょうか。
また、いちいち冷蔵庫で水を冷やしたりすることがなくなりますので、冷蔵庫の負担も軽くなりますし、ドアの開閉も少なくなりますから、電気代も節約できます。

お湯に関しても電気ポットつかったり、コンロにヤカンなどをかけてお湯を沸かす手間がかからないですから、やはり電気ガス代が省けます。
このようなことから家庭で使う光熱費全体でみますと、ウォーターサーバーを使うことで増えた光熱費が、コンロなど他のものを使った時の光熱費が減ったことである程度相殺できますので、増えたとしても微々たるものです。
ウォーターサーバーは、便利なだけでなく、安全な水を飲むことができるという本来の目的からしますと、光熱費の問題はたいしたものではないと思えます。

このページの先頭へ