家庭用

ウォーターサーバー業者の水の違い

ウォーターサーバーを導入しますと、大方は、その業者から水も供給されるというシステムになっています。
業者の供給する水は、大別しますと天然水とRO膜水に分けられます。
RO膜水という水は、天然または普通の水をRO膜(逆浸透膜)と言う、ろ過装置で一旦不純物をとり除きます。

RO膜のろ過によって不純物を取り除いた水は、純水に近いもので、そのまま飲み水とすることは健康によくありませんので、その後でカルシウムヤマグネシウムなどのミネラル分を添加します。
このタイプの水は、添加するミネラル分の調整が人工的にできますので、いろいろな硬度、ペーハー(酸性、アルカリ性の度合い)の水が作れることや天然水よりも若干安いという事で、大量に水を消費するところなどでは、良く使われます。
一方、天然水は、日本各地にある銘水と呼ばれている地域の水を採取して(汲み上げて)、それを殺菌などの処理で安全な飲み水としているものです。

このタイプの水は、業者によって、採取する場所が異なっていますので、ウォーターサーバーの業者を選ぶ時には、よくその水の特徴を調べてからにすると良いでしょう。
主な天然水の産地は、静岡、山梨などの富士山麓の水、山梨などの南アルプスの水、長野の北アルプスの水、島根の金城の華(かなぎのはな)、大分の日田水、京都の福知山の水などで、他にもいろいろとあります。
天然水は、採取される場所に(業者にも)よって価格の違いがありますが、遠い地方で採れる水は高価格のものが多いようです。

このような水の採取地は、一箇所だけのところの業者もありますが、複数の採取地の水を提供している業者もあります。
また、前出のRO膜水と天然水の両方を扱っている業者もありますので、色々な水を試してみたいとお思いの方でしたら多種類の水を扱っている業者を選びますと、いろいろ違った水を楽しむことができます。
また、なるべくコストをかけずにウォーターサーバーを使いたい方でしたら、RO膜水か北アルプスや南アルプスの天然水を選ばれると良いのでしないでしょうか。

このページの先頭へ