家庭用

家にウォーターサーバーを導入したら

ウォーターサーバーを導入する前には、サーバーの置き場所とか毎月の水代とか、そもそも、どの業者を選ぼうかとか、いろいろと考えることがありますが、導入してみますと、便利だと気付かされます。
ウォーターサーバーは、サーバーがレンタルである業者がほとんどですから導入時にかかる費用は大してありません。
また、途中でキャンセルした場合などは違約金を支払う場合がありますが、1年も使っていればそれもなくなりますので、別の業者の水に変えることも簡単にできます。

実際に導入して使ってみますと、冷水や温水がすぐに利用できますので、いままでのように、お茶を飲みたくなった時などにお湯を沸かしたり、あらかじめお湯を沸かして魔法瓶などに入れておくといったような手間が省けますから、実に便利です。
カップラーメンがすぐに作れるところが気に入っている人もいるようですが、これは、ほんの余興というものでしょう。
お酒の好きな人では、焼酎のお湯割りにウォーターサーバーのお湯を使いますと、水道の水を沸かしたお湯とは一味違うことが実感できるでしょう。

もちろん水割りにも使えますので、ウィスキーや焼酎の水割りが美味しくいただけます。
乳児のいらっしゃる家庭では、ミルクを作る時にこのウォーターサーバーのお湯が安心できます。
ウォーターサーバーで使用している水は、どの業者でも、その成分には気を使っていて、ミネラル分の成分表示や軟水と硬水の別、弱アルカリ性などというようなPh表示が公表されていますし、昨今では気になる水や食品に含まれる放射能の問題でも水の検査結果を積極的に公表している業者もいます。

また、水のボトル詰めの時も衛生第一で行なっている業者がほとんどですから、その安全性におきましては水道水の何倍も高くなっています。
こうしたウォーターサーバーの水ボトルは、家まで配達されますので、水切れの心配がないのも便利なところです。
また、一回の配達でまとまった量のボトルが届きますので、水の備蓄にもなりますので、万が一のときにも安心できます。

このページの先頭へ