家庭用

家庭用ウォーターサーバーの特徴

家庭用のウォーターサーバーは、水ボトルを自分自身で交換しますので、そのボトル容量が一人で持てる程度の重さになっています。
標準的な容量は、12l(12kg)ですが、これくらいの重さのものでしたら一人で交換することも可能でしょう。
また、単身女性などの非力な人のために5l(500g)程度の小さいボトルを用意している業者もありますし、大家族用には、20l(20kg)程度の大きなボトルを利用できるところもあります。

そして、水ボトルは家まで配達されますので、買いに行く手間がかからなくて楽ができます。
家庭用では、水の種類として、天然水が多くなっています。
もちろんRO膜水という少し価格の安い水を扱っている業者もありますが、天然水を扱っている業者がほとんどです。

その天然水も採取場所が業者によって異なっていますので、選択肢の幅が広くなっています。
水の価格については、業者や水の種類によって違ってきます。
安いところでは、1lあたり90円程度のところから有名な天然水では、1lあたり160円から180円するものもあります。

標準としては、1lあたり100円から140円といったところでしょう。
サーバーの種類が豊富であることも家庭用のウォーターサーバーらしいでしょう。
一般的な形は、縦に長い箱のようなものが多いのですが、デザインや色は業者によって色々ありますので、気にいったものがみつかることでしょう。

また、大きなサーバーを置く余裕のない家庭のためには、小型化したサーバーもありますし、単身者の利用を想定したような超小型のサーバーを提供している業者もあります。
このようなサーバーは、レンタルであることが多く、レンタル料も無料のところが多いのも家庭用の特徴でしょう。
サーバーで気になるのは、そのメンテナンスですが、業者による定期検査が普通で、その費用も無料か数千円というところです。
また、中にはサーバーに自動メンテナンス機能がついていてメンテナンスフリーのものもあります。

このページの先頭へ