家庭用

ウォーターサーバーの契約

ウォーターサーバーの契約は、利用する業者が決まっているのでしたら、電話をするか、インターネットの業者サイトの申し込みページを利用します。
ウォーターサーバーの業者はたくさんありますので、どこにするのか迷いますが、最初はお住まいの地域が、業者の水の配達地域に含まれているかどうか調べてみることです。
配達地域に入っていなければ契約ができませんから、ネットなどでいくつかの業者を調べてみると良いでしょう。

ネットでしたら郵便番号を入力するだけですぐに結果がでます。
業者選びでは、水の種類や注文方法も大切なところです。
水の種類は、業者によっていろいろですから自身の好みで決めれば良いのですが、注文方法には二種類ありますので注意して下さい。

ひとつは、水が欲しい時にその都度注文するという一般的な方法です。
もう一つは、ひと月に消費する(配達される)水ボトルの数があらかじめ定められていて(顧客が決めて)それが定期的に配達されるという方法です。
以前は後者が多かったのですが、今では前者のやり方をしている業者もいます。

後は、どのようなサーバーを選ぶかやサーバーのレンタル料金なども調べておきます。
業者が決まりましたら、申し込みをしますが、ここではネットを使った方法を簡単にみてみます。
業者の申し込みページに接続しますと、最初に水の配達地域に住んでいるかどうかの確認があります。

次に、サーバーを選んで、水の注文方法などを入力します。
この時に利用規約をよく読んで、水の注文方法や途中解約の時のペナルティー、クーリングオフ制度などを理解しておくと良いと思います。
ここまで済みましたら次は住所、氏名などの個人情報を入力することになります。

入力結果を確認してデータを送信すると申し込みは終わります。
その後eメールなどで連絡が来ますので、それに従って契約をします。
ウォーターサーバーの契約はクーリングオフ制度が使えます。
契約を解除したい時には、契約が成立してから8日以内にその旨を業者に連絡すれば良いのですが、基準となる日がサーバーを設置した日ではないですから気をつけましょう。

このページの先頭へ