家庭用

ウォーターサーバーのコストは

ウォーターサーバーにかかるコストには、サーバーのレンタル代(今ではサーバーのレンタルがほとんど)やそのメンテナンス代、サーバーを動かすための電気代、水ボトルの代金、その配達料などがあります。
この中で一番大きなコストは、水ボトルの代金になります。
ウォーターサーバーの水ボトルは、配送されてくることが普通ですが、この配送代金は、水ボトルの代金に含まれていることが多く、配送無料の業者が目立ちます。

また、サーバーのレンタル料金も無料のところが多いですから、これも水ボトルの代金に含まれていると考えて良いでしょう。
サーバーのメンテナンスは業者によっては、定期的に無料または(数千円の)有料で行なっていますが、それほどのコストとはなりません。
また、サーバーのメンテナンスをサーバー自身が適宜自動で行うタイプのものもあります。

サーバーを動かす時の電気代は、サーバーによって異なりますが、月に500円から1000円程度といわれています。
いまでは、省エネタイプのサーバーが増えてきましたので、月に数百円と見ておけば良いでしょう。
結局、ウォーターサーバーにかかるコストで一番大きいものは、水ボトルの代金となります。

標準的な水ボトルの容量は12lですから、このボトルでコストを計算してみますと次のようになります。
12lの水ボトルの代金は、業者や水の種類によっていろいろですが、安いところでは1000円から高いところになりますと2000円近いものもあります。
コストが安くつく水の代表はRO膜水と呼ばれている種類のもので、特に銘水と呼ばれる地方で採取される天然水はコストが高くなる傾向があります。

水のコスト計算は、一人一日1.5lの水を使うとしてみます。
これで計算しますと、ひと月には約45l必要ですから、だいだいのところ水の代金は、4000円から8000円となります。
これにその他のコストを足してみますと、一人あたりひと月に5000円から1万円といったところがウォーターサーバーの総コストといえます。

このページの先頭へ