家庭用

ミネラルも十分なウォーターサーバー

ウォーターサーバーの業者は、配達する水ボトルの成分を公表しています。
その中にカルシウムやマグネシウムなどのいわゆるミネラル分の含有率があります。
このミネラル分の含有率が高い水は硬水と呼ばれ、低い水は軟水と呼ばれます。

元々、日本の水は軟水が多く、したがいまして、日本のウォーターサーバーの業者が扱っている水も、ほとんどが軟水です。
軟水は飲み水として適した水ですし、特に、長い間軟水を飲んで暮らしてきた日本人の体にはとても良く合っている水です。
ミネラル分の多い硬水の方が、効率良くミネラルを補給できると考える事もできますが、硬水を飲みますと人によってはお腹をこわしたりしますので、余りお勧めできません。

ただ、便秘の解消には硬水を飲むのが良いといいますので一長一短があります。
ウォーターサーバーの業者の水の説明には、硬度という言葉が出てきます。
この硬度は、その水が軟水系なのか硬水系なのかを数値にしたもので、いろいろな計算の仕方ががありますが、日本では、アメリカ硬度(という計算の仕方)を使って表しています。

軟水という水は、硬度が60程度までの水のことをいいます。
これが60から120くらいになりますと中軟水(中硬水)などと呼ばれ、120を超えた水を硬水と呼んでいます。
ウォーターサーバーの水の硬度は、業者や同じ業者でも水の種類によって違いますが、高いところでも80から100程度で、一般には20から60位の水が多いようです。

ちなみに水道水の硬度は、(地域によりますが)50から100程度だといわれています。
硬度の計算に使われる物質は、カルシウムとマグネシウムだけですが、ミネラルの中には、これら以外にも鉄分やナトリウム、カリウム、リン、マンガンなど多くの物質があります。
これらの物質を食事や水から適度に摂ることで健康が維持されるといいますので、ウォーターサーバーの水はミネラル分を摂る一助となります。
ウォーターサーバーの水の種類はたくさんありますので、どれを選んで良いのか迷うこともあります。
このような時には、水の成分(ミネラル分)を基準とすることも一つの考え方でしょう。

このページの先頭へ