家庭用

ウォーターサーバーの水は商品

日本では、昔であれば、水はタダ(無料)というのが常識でしたが、水源の汚染が進んできたために水道水ですら疑念をもつ人が増えてきました。
元々、上水道の普及していないところでは、井戸水を使っていたのですが、過度の農薬の散布や工場などから排出される化学物質、重金属などので地下水の汚染が進み、井戸水が飲料水として使えなくなったところも数多くあります。
水道水はと言いますと、水源地の汚染が進んで、飲めるようになるまで水を処理すると言ってもあまり美味しくないことや札金などのために使われる物質が含まれていることから直接水道水を飲むことが健康に良くないと考える人も増えてきました。

ところで、ミネラルウォーターは、高級な店でしたら昔から使われていましたが、バブルの頃からでしょうかコンビニやスーパーでもみかけるようになって来ました。
これは、健康意識が高まったことがあるのでしょうが、水を商品として認める人が増えてきたという事でしょう。
こうしたミネラルウォーターは、コンビニやスーパーなどの店に言って購入するのが普通でしたが、一部業務用として使われていたウォーターサーバーが今世紀に入った頃から家庭用にも進出してきました。

健康意識の強い家庭では、かなり前からウォーターサーバーを使っていたそうですが、サーバーの性能やコストの高さからその数は少なかったようです。
ところがここ数年では、選べるサーバーの種類が多くなり、その機能も良くなってきたことや水が配送されるということ、ウォーターサーバーの水の価格が店で売られているミネラルウォーターの価格とさほど違わなくなってきたことから導入する家庭が増えました。

ウォーターサーバーにとっては、2011年の東日本大震災が契機となって、それを導入する家庭が劇的に増えたといいます。
これは、ウォーターサーバーが安全な水を供給するという事の他に水の備蓄にもなり得るということが評価されたためだといわれています。
こうなりますと水自体の価値もありますが、ウォーターサーバーのシステムの価値も認められたという事が言えるのではないでしょうか。

このページの先頭へ