家庭用

手間が省けて便利なウォーターサーバー

ウォーターサーバーは、先年の東日本大震災後に使い始めた家庭が多かったといいます。
これは、震災で水の確保に苦労した経験や原発事故で水の安全性に気を使わざるを得なくなったからだといわれていますが、ウォーターサーバーの便利さが一般に広まったということもあるのでしょう。
ウォーターサーバーを使い始めますと、冷温水がすぐに出てきますので、これは便利だと実感するようです。

特に、お湯が出てくるタイプのサーバーでは、お茶などを飲みたい時にいちいちお湯を沸かす手間が省けますし、前もってお湯を沸かしておいて魔法瓶などに保存しておくこともなくなります。
それから水ボトルを配達してくれるのも便利な制度です。
水ボトルは重いですから、近くの店であっても買いに行くとなりますと何かしら面倒なものです。

これが定期的または注文してからすぐに届けられますから、ウォーターサーバーを使っている人のほとんどがこれは便利だといいます。
小さいお子さんのいる家庭では、ミルクや離乳食を作る時に重宝しているようです。
水が安全であることもありますが、ミルクなどを作る時にお湯を沸かしたりする手間が省けることも育児の助けになっているといいます。

ところで、サーバーからはお湯が出てきますので、小さいお子さんがいたずらなどした時には火傷の危険があります。
しかし、今のサーバーにはこのような危険防止のためのチャイルドロックがついていますので、余程のことがない限り安全に使えます。
また、子供も3歳くらいになりますと、サーバーの使い方をちゃんと教えますと冷水などは自分で注げるようになりますので、いちいち子供の世話を焼かなくても済むということもいえます。
サーバーは機械ですからメンテナンスが必要になりますが、家庭でするメンテナンスは、蛇口周りの清掃や水ボトルの取り換えのときに接続部分をきれいにする程度ですから、掃除の時についでにできます。
本格的なメンテナンスは業者が定期的に行ってくれますし、サーバーが自動的に行うタイプのものもありますので、この点は楽です。

このページの先頭へ